夏場の高温対策は何を使っていますか?クーラーの冷房や除湿を使っているという人も多いと思います。また、電気代が気になる、風だけの方が体に優しいなどの理由で扇風機を使うという人も多いと思います。でも、実は扇風機は肌に良くないといっている方もいるみたいです。

本当に扇風機は乾燥肌を促進してしまうのでしょうか?扇風機はお肌にとって敵なのでしょうか?気になったので調査してみました。

扇風機はお肌を乾燥させる?

年齢と共にお肌は乾燥してきてしまいます。昔はスーパーの袋を簡単に広げられたのにだんだんと水をつけなきゃ広げられないようになってきたという人も多いのではないでしょうか?それは肌内の水分保有量が関係しています。乾燥肌は敏感肌とも関係があり、表皮が硬くなりニキビの原因になるなど、お肌のトラブルにもつながってしまうこともあるのです。

扇風機の風が当たると涼しく感じるのかというと気化熱の原理が働いているからです。肌表面にある汗や水分を蒸発することによってそれと同時に肌の熱も空気中に逃げていくという原理です。

乾燥肌や敏感肌の人にとっては大切な水分と引き換えに我々は涼しさを感じているというわけなんですね。涼しいと感じるだけどんどん水分が蒸発していっているともいえるのです。また、体が冷えてくると冷え性の原因にもつながる血流も悪くなってしまいます。ではどのように扇風機を使うのがお肌に優しい使い方なのでしょうか?

長時間強風に当たる

なるべくなら扇風機から来た直接風に当たるのは避けるべきです。特に乾燥しやすいクーラーとの併用や、強風で長時間当たり続けるのは乾燥肌を悪化させる原因につながることもあります。間接的に扇風機の風が当たるようにするなどの工夫が必要ですね。

ただし、涼しくなるために扇風機を使っているのですから、風に当たらないなんて扇風機の無駄じゃんと感じる人は扇風機の首ふり昨日を使い長時間扇風機が当たらないような工夫が大切です。いくら保湿対策をしていても扇風機の影響でどんどん水分が逃げていってしまったらもったいないですよ。

扇風機にリズム風の機能がついているものはリズム風にしましょう。

就寝中はどうなのよ

また、就寝中に扇風機をつけている人もいますが、就寝中は成長ホルモンがたくさん分泌されお肌の基礎を作る作業が肌内で行われています。

その時に肌に良くない扇風機を浴び続けるのはもちろんよくない行為です。また、昔から扇風機をつけっぱなしで寝ると体温が低下してしまい死んでしまうという説がありますが、ある人の記事を読むと、健康的な体を持った人が扇風機をつけたまま寝てもそこまで急激に温度が低下するという事はないそうです。

昔から母に『扇風機をつけたまま寝ると死ぬよ』といわれていましたが、そこまで心配する必要はなさそうですね。ただし、美容面で見ると扇風機をつけたまま就寝することは好ましくないでしょう。しっかりと切ってから寝るようにしましょう。

乾燥対策には化粧品やサプリメントが有効

乾燥肌に困っている人は日頃から化粧水や化粧品で外側からしっかりとケアすることが大切です。特に化粧品やスキンケア商品には自分の肌質に合う合わないがあります。いくつもテストした中で一番合うものを探しましょう。また、美容系のサプリメントで内側から潤いを与えていくことも大切です。

特にプラセンタなどは優秀なサプリメントなのでうまく活用することによってお肌の潤い感をアップさせることも可能です。ただし、注意して欲しいのがすべてのプラセンタサプリが同じクオリティかというとそういうわけではありません。

良質なプラセンタ、劣悪なプラセンタなどがあり、また、含有量もそれぞれ違います。なるべく良質なプラセンタをたくさん含んだ商品を発見しましょう。私のおすすめは口コミでも人気の高いふわりです。

高品質で贅沢なプラセンタが使われています。