夏になると女子は露出が高くなりますよね。私は冬はものすごく寒がりなので生足を出すことはありません。じゃあ夏はちょうどいいのかというとそうでもなく、夏は人一倍暑がりです…(笑)だから、夏は逆に生地の厚いジーンズなどは履きません。ショートパンツやスカートが多いですね。

むしろこれらしか着ないです。上も外で長時間遊ぶ以外は半そでで生活しています。いやー今年の夏も暑いですからね。特に女子はお化粧をしているのであまり汗もかきたくないんですよね。だから街を歩く時でもなるべくクーラーが効いている室内に入って休憩しながら、忍者のように目的地に向かっています。

日焼けが怖い

薄着になると怖くなってくるのが日焼けです。20代後半になって特に日焼けしやすくなってきた気がします。また、そればかりか日焼け後の黒ずみやシミが治りにくくなってきているんですよね。日焼けではないですが、火傷の痕なども治りにくくなっています。

若いころは日焼け後のアフターケアでどうにかできた感じがしますが、この年になってくるといかに紫外線を浴びないのかが大切になってきますね。

ターンオーバーが遅くなっている

人の肌の表皮では常に新しい細胞が産まれて古い角質細胞が垢となって剥がれ落ち、新陳代謝を繰り返しています。ただ、人間の肌は老化と共に肌の新陳代謝のサイクル(ターンオーバー)が遅くなってくるそうです。

ターンオーバーが遅くなると何がいけないの?と思う人もいるかもしれませんが、古い角質が剥がれ落ちるのと同時にメラニン色素も同時に落ちていきます。つまり、うまく肌サイクルが機能していないと色素沈着の原因になりシミや黒ずみの原因になってきてしまうのです。

色素沈着してしまった黒ずみやシミは、肝斑はなかなか取り除くことができません。だからこそ作らせない、なるべくスムーズに排出させるという事が大切になってくるのです。という事はまずは、メラニンを蓄積させないという事が大切です。日傘や日焼け止めクリーム、最近では飲むタイプの日焼け止めが発売されています。これらのものを使って日焼け対策をするのもいいと思います。

ネットで探せばたくさんの商品を見つけることができると思いますよ。自分のお財布事情や体質にピッタリの商品を探してみましょう。また、これらの商品はなるべく3カ月以上は継続して使う事をお勧めします。なぜなら、人によってはターンオーバーに3カ月以上かかる人もいるからです。

せかっく結果が出そうなのに他の商品にチェンジや使用を中止してしまってはもったいないと思います。

あれこんなところも黒ずんでる!?

先日お風呂に入っていたらバストトップが黒ずんでいてビックリしました。えっ?まさかこんなところも黒ずんでいるの?と叫んでしまいました。すぐにお風呂から上がってネットで調べてみると私が遊び人だから乳首が黒ずんでいるのではなく、洋服との摩擦などで黒ずむことがあるそうなんです。へー知らなかったです。乳輪の色が生まれつき違うのは知っていましたが後天的に変化することは知らなかったです。

でも、黒くなってしまった乳首って治るんでしょうか?改善するのでしょうか?調査してみました。

早速調べてみると出てきましたよこんな商品が

ホワイトラグジュアリー』というみたいです。これが結構凄くてバストトップ専用に作られているみたいなんです。乳首はとてもデリケートな部位なのでつける薬は吟味しちゃいますよね。でもホワイトラグジュアリーは乳首のために作られたので安心してつけることができると思います。これで新しくできてしまったコンプレックスから卒業できると良いな~

ちなみに下のリンクから安く買うことができます。